肌の悩み

お肌の悩みは程度の違いはあるものの、女性なら誰もが持っていると思われますが、年代によって悩みの種類が分かれます。

10代ではニキビやニキビ痕が最も多く、他には毛穴やべたつきなど。
20代で一番多いのは、乾燥です。この年代では間違ったスキンケアや食生活、生活習慣の乱れが多く見られ、そのための肌トラブルもあるようです。

30代の肌の悩みはシミが最も多く、毛穴や乾燥と続きます。30代も後半になると10代、20代の間違ったスキンケアや日焼けのケアをしなかったつけなどが出てくるようになります。

40代になると、シミに続いてシワ・たるみの悩みがランクインしてきます。
50代では、たるみがトップになり、次にシミがきます。シミも気になるけどメイクで隠せるけどたるみは隠すことができないためです。

60代は50代と同様に、シワを気にする割合が最も多いのですが、シミやくすみで悩む方も多く、年齢が進むとお肌の悩みも増えてゆくようです。

Vラインの脱毛を脱毛サロンで

色々な肌トラブルがありますが、その原因は、体の外側からの原因と、内側からの原因に分けられます。

「外側」からの原因としては、紫外線や気温、冷暖房による乾燥した空気、環境汚染の影響、そして化粧品によるトラブルなどがあります。

「内側」からの原因では、栄養バランスの偏り、主にビタミン類の不足です。そしてストレス、睡眠不足、疲労の蓄積、便秘などです。服用している薬の影響なども少なくありません。

日焼けしたら、とにかく冷やすこと。これが日焼けケアの鉄則と覚えておきましょう。充分冷やすことができず、帰宅してからもヒリヒリしていたら、再度冷やすようにしますが、ヒリヒリが治まらずその部分が熱くて赤くなってしまったら、それはもうヤケドです。

普通、日焼けが赤くなってヒリヒリしても2~3日で治まってきますが、1週間ほど経過してもヒリヒリして痛いようだと、ひどい場合は水泡ができて痕が残ってしまうことがあります。

そんな時は迷わず、病院で受診してください。特に水ぶくれ状態になっているなら皮膚科で処置してもらうのが最善の方法です。自分でつぶしたりは絶対しないでください。また市販の薬は含まれる成分によっては悪化する恐れがあります。

場合によっては、点滴治療や入院ということもあります。極度の水分不足になっていると体そのものがかなり衰弱してしまい、安静が必要となるからです。
日焼けがいつまでも緩和しないようなら、自己処理しないで皮膚科を受診することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>